自転車紹介

男の子の自転車を選ぶなら「KD226.KD246」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お子様やお孫様へのプレゼントとして自転車はとても喜ばれる商品です。しかし、たくさんの子供用自転車から選ぶのは至難の業。
今回は、弊社オススメの子供用自転車KDシリーズをご紹介いたします。

男の子なら必ず欲しがる子供用自転車の特徴紹介

KDシリーズは男の子ウケ間違いなしの要素が盛りだくさんです。
その要素は以下の通りです。

  • 光沢のあるボディに黄色のラインが走る4カラー(ブラック・ブルー・レッド・ホワイト)
  • スポーティーな形状と疾走感のあるフェンダー
  • 6段変速のギアとフィット感抜群のグリップシフト
  • タイヤサイズが22インチ・24インチありお子様の身長に合わせて乗れる

以上の4点がKDシリーズの代表的な特徴です。

変速ギアは世界的に有名なsimano製を使用しており、安心して乗ることができます。
フレームはスチール素材でできているため、振動を吸収し長時間乗っていても疲労感が少ないです。

また、タイヤサイズの違う2種類があり、子供の身長に合うサイズの自転車に乗せられます。22インチは身長120cm〜145cm、24インチは身長125cm〜155cmと小学生の間であれば乗り続けられるサイズです。

子供用自転車のメンテナンス方法

スポーツ用ロードバイクのように小まめな手入れが必要なわけではありませんが、定期的に駆動部に注油しましょう。
注油する駆動部は以下の通りです。

  • ブレーキレバー・ワイヤーの可動部
  • チェーンへの可動部
  • ワイヤーリード(後輪ブレーキワイヤーのリード)
  • 変速機の可動部

これらの箇所に注油することで、サビ・異音・破損しにくくなり長く乗り続けられます。
現在弊社では購入特典として、オリジナルの自転車専用のメンテナンスオイルを無料でプレゼントしています。
また、お子様が小さい方は、定期的にブレーキの効き・チェーンの緩み・ライトの点灯・タイヤなどの歪み・正常に変速するかを確認しましょう。

自転車に乗る時のヘルメットの重要性

2011年の情報ですが、事故にあった子供172人中63%の109人が頭部を負傷し、そのうち27人が重傷を負いました。
2018年に道路交通法で13歳未満が自転車に乗る時のヘルメットの着用が義務化されています。この義務というのは、父母が子供にヘルメットを被らせる義務であると同時に、適正な技術・知識を身につけさせるとも条例の中でうたわれています。
ただ買って渡すだけでなく、命を守るためにヘルメットの重要性、道路の危ないところを伝えてください。

デザイン・性能ともお子様が喜ぶKDシリーズ是非ご検討ください。

子供用自転車/KD226.KD246
値段 18,800円
KD226カラー 全4種(ブラック・ブルー・ホワイト・レッド)
KD246カラー 全4種(ブラック・ブルー・ホワイト・レッド)
乗車適応身長
KD226  約120cm〜145cm
KD246  約125cm〜155cm  ※個人差があります

その他事項  ・メーカー保証1年付
       ・手厚いアフターサービス
       ・PL保険加入済み

気になることがございましたらお問い合わせ窓口ございますのでお気軽にお問い合わせください。
メールアドレス shop@21technology.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加