自転車紹介

ハイグレードながらお手頃ロードバイクならこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康のためや通勤の足として自転車を利用し始めた人も少なくないでしょう。そんな人の中には、ただの移動手段でなく趣味やスポーツとしての自転車の魅力に目覚めて、もっと自転車を楽しみたいとロードバイクの購入を考えている人もいるに違いありません。しかし初めてロードバイクを購入する際には不安も多いものです。ロードバイクを選ぶ際にはどんな点に注意すればいいのでしょうか。

初めてのロードバイクを選ぶ際のポイント

予算を決める

ロードバイクの価格は、3万円程度で手に入るものから車1台が買えるほどまで非常に幅広いです。何十万円もするロードバイクはやはり金額に見合った性能や装備を備えていますが、初めて購入するとなればなかなか踏み切れないものですよね。まずは、購入予算を決めてその中でベストな1台を探しましょう。

使用目的を決める

購入目的がレースへの出場という場合とポタリングがメインとでは、選ぶロードバイクは大きく異なります。もちろんレース目的ならハイエンドロードバイクが必要となりますが、ポタリングならエントリークラスでも十分です。また、通勤や通学に使用するのであれば耐久性がよく雨への対応力の高いモデルのほうが好ましいなど、使用する目的によってどんなレベルやタイプのロードバイクを選ぶかが決まります。

最初からハイエンドモデルを選ばない

ロードバイクに乗った経験がないという人は「あとあとも続けられるだろうか」と購入時に迷うことが多いといいます。「あまり乗る機会がない」「思ったほど楽しくなかった」と、しばらくすると乗らなくなってしまうことも少なくないようです。せっかく高性能で高価なモデルを買っても乗らなければ宝の持ち腐れですよね。もちろんずっと乗り続けるつもりで最初から高いモデルを買うというのもいいでしょう。しかし、ロードバイクの楽しみを味わい、ある程度の知識を得てからステップアップしていくほうが自分に合ったモデルの見極めが容易になります。最初にロードバイクを手に入れる場合には、やはりエントリーモデルから選ぶほうが無難です。

【GT700S】はビギナー以上にもおすすめ

初めてのロードバイク選びで迷った人におすすめのモデルが【GT700S】。乗り心地とスピードを追い求めた限りなくスポーティなモデルなので、ロードバイクが初めてという人だけでなく、ビギナーからステップアップしたいという人も満足できるに違いありません。それでは【GT700S】の詳細をチェックしていきましょう。

1.軽量アルミフレーム
緩やかなカーブを描く美しいラインで構成されたこだわりのアルミフレームは、抜群の精度と強度を誇ります。また、レスポンスにも優れ、さらに乗り心地も上質です。塗装も上級グレードにより高級な質感を得ています。

2.シマノ製の変速ギア
自転車の心臓部ともいえる変速ギアに、世界の自転車部品の80パーセントほどを占めるといわれる日本が世界に誇る自転車パーツメーカー「シマノ」のTOURNY(ターニー)を採用しています。2×7の14段変速は、街乗りはもちろんちょっとしたサイクリングやツーリングにも十分な力を発揮します。

3.700×25cのスポーティなタイヤ
自転車王国台湾のタイヤメーカー「KENDA製」の700×25cのタイヤは爽快感と安定性、乗り心地のバランスがよく、ペダルを漕いで走るスポーツサイクルの楽しみを実感させてくれることでしょう。耐久性にも優れているので、長きにわたってパフォーマンスを維持してくれるはずです。空気バルブは仏式ですが、英式アダプターが付属しているのでどちらにも対応可能なのも嬉しいですね。

4.制動力の高いディスクブレーキ
国内外の多くのブランドのロードバイクにおいてディスクブレーキの搭載が進んでいる中、【GT700S】もまたディスクブレーキを採用しているのも大きな魅力です。特に雨の日はリムブレーキより確実に制動力を得ることができる点が最大のメリットですし、見た目のメカニカルな感じがカッコいいですよね。

5.ワイヤー内蔵式フレームでスッキリ
変速ワイヤーがフレームに内蔵されているので、見た目がスッキリして高級感があります。実際、ほとんどの高級ロードバイクのワイヤーはフレーム内蔵式となっています。ワイヤー内臓式フレームは、ワイヤーが雨に濡れることがないのでサビや劣化が抑えられる、走行中の空気抵抗が減るといったこともメリットに挙げることができます。

6.標準装備もバッチリ
ママチャリやシティサイクルなどでは標準装備されているパーツ、たとえばペダルやベル、反射板といったものは絶対に必要です。またスタンドも街乗りだけでなくツーリングの際には非常に便利ですが、こういったパーツは多くのロードバイクにおいて標準装備ではなく追加での購入が必要です。【GT700S】では、最初からこれらのパーツが装備されているので思わぬ出費が抑えられます。

7.スタイリッシュな4色展開
フレームカラーは、マットブラック×グリーン、マットブラック×レッド、ホワイト×ブルーの3色からチョイスができます。どの色もスポーティでスタイリッシュなので、きっとお気に入りのカラーが見つかるでしょう。

GT700Sはコスパに優れたハイグレードな1台

はじめてロードバイクを買う、今持っているロードバイクよりちょっとステップアップしたいという人に、【GT700S】はおすすめです。これだけの品質、装備を備えながら4万円を切る価格はコスパに優れているといわざるを得ません。ロードバイク購入にあたっての検討の際の候補の1台に挙げてみてはいかがでしょうか。

21technology ロードバイクGT700S
カラー 全3種(マットブラック×グリーン、マットブラック×レッド、ホワイト×ブルー)
乗車適応身長 約167cm~
その他事項・メーカー保証1年付

・手厚いアフターサービス

・PL保険加入済み
気になることがございましたらお問い合わせ窓口ございますのでお気軽にお問い合わせください。
メールアドレス shop@21technology.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加